西宮市の自転車店 Rush Eyeです。各種自転車の販売・修理承っております。

RushEye BicycleShop facebookボタンRushEye BicycleShopツイッターボタン Rush Eye instagram Rush Eye YouTubeチャンネル お問い合わせフォーム 0798-56-7619電話

Rush Eye BICYCLE SHOP

カンパニョーロ テクニカルセミナーを受講してきました(⌒▽⌒)

2017年 2月 10日 金曜日 カテゴリー : ,


先日の7・8日は連休をいただき、カンパニョーロジャパン様のテクニカルセミナーを受講してきました(⌒▽⌒)

初日の講習会の主な内容は、電子式コンポーネント(EPS)及びそれに付随するアプリケーションに関する使用方法などの技術講習です。


EPSセミナーでは初代EPS(V1)~最新機種(V3)まで各タイプのインストール・セットアップの手順や実機操作によるセッティングの仕方などを学びました(^^)
電子式と聞くとやや腰が引けてしまいますが、仕組みを理解しながら実機を操作することでいとも簡単に馴染むことが出来ました。
手順などはしっかりと覚えておく必要がありますが、頭が「こんがらがる」ほどではないので大丈夫でしょう(^^)


ちなみにこの講習を受けておかないと電子式コンポーネントの取り扱いは出来ないので、カンパニョーロ正規取扱店でもEPSコンポーネントは扱っていない店舗もありますのでご注意くださいね。

※注意事項
EPSコンポーネント購入に関しましてはCampagnoloの販売・保証規約に基づき「バイクへのインストール~セッティングまでの一連の作業は販売店で行うこと」が義務付けられております。
パーツのみを取り寄せてお客様自身で取り付けるということは出来ません。悪しからずご了承願います。
また、海外通販・オークションなどでパーツ購入し、ご自身で取り付けられた場合も正規取扱品とはみなされず「一切の保証が受けられません」のでご注意ください。
 
 

2日目はカンパニョーロ及びフルクラムホイールの新製品の説明、ミドルグレードコンポーネント「POTENZA」の詳細説明などでした。


【POTENZA 11】
位置づけはミドルクラスではありますが、非常に高級感のある仕上がりです(^^)
POTENZAから下位グレードのクランクシャフトはパワートルクとなります。


デザインや機構など上位機種に倣って作られている部分も多いためビジュアルはミドルハイと言ったところですね。


ただし、POTENZAはレバー比などの関係上、エルゴパワーの動作につきましては他機種との互換性がありませんのでご注意ください。


また、ツーリングなどがメインなホビーライダーさんのためにワイドレシオカセットが使用できるようにリアディレイラーはショートケージ(ローギア最大29T対応)とミドルケージ(ローギア最大32T対応)の2種類が用意されています(^^)
ライディングスタイルに合わせてお選びください。


BORA ULTRA 80


BORA ULTRA TT(上段)とZONDA Disk(中段・下段)
ZONDA Diskブレーキ用ホイールはローターマウントは6ボルト・AFSの両タイプがラインアップされますので、ほぼすべてのディスクローターを使用していただくことが可能です。
※アップ画像撮り忘れてしまいました・・・。ごめんなさいm(_ _)m


こちらはフルクラム【レッドパワー】MTB用です。
ラインナップは27.5″と29″の2種。
太めの2.7インチタイヤが使用できます。


手前のホイールが【レーシング ゼロ DB】
ディスクブレーキ対応のCX・グラベルロード向けのホイールですね。
スルーアクスル、ローターマウントは6ボルト、AFSの2タイプがラインナップ。

何はともあれ、当店でもカンパニョーロEPSコンポーネントを取り扱えるようになったのは嬉しい限りです。
セッティングの修正や定期メンテナスでの補修パーツの取り寄せなども可能ですので、ご入用の方が居られましたら是非ご活用いただければと思います(^^)
もちろんコンポーネントの購入をしていただければ至福の喜びであります(笑)
 
 


Scroll Up
Scroll Up