西宮市の自転車店 Rush Eyeです。各種自転車の販売・修理承っております。

RushEye BicycleShop facebookボタン Rush Eye instagram Rush Eye YouTubeチャンネル お問い合わせフォーム 0798-56-7619電話

Rush Eye BICYCLE SHOP

BB不調の原因

2014年 12月 16日 火曜日 カテゴリー :

今回はクランク付け根のBB(ボトムブラケット)の回転時に異音が出るとのお客様。
クランクを回転させると周期的に音が発生するとともに妙な引っ掛かりを感じたのでBB内部のトラブルと判断。
早速バラしてビックリ玉手箱\(^o^)/
attachment00
なんとこんな状態でした(*_*)
フレームの切削カス、いわゆる「切粉(きりこ)」というやつが大量にBBシャフトとベアリング、BB内部に散乱していました。
しかもベアリングにはグリスがほとんど乗っていないとか・・・。

attachment01
コレはひどい・・・(; ・`ω・´)

BBのネジ切りをした後に切粉を除去すること無く組付けを行っている模様・・・
某有名メーカーのフレームですが、どんな品質管理してんだよ・・・^^;

呆れながら散乱した切粉を除去、グリスも除去して傷の確認。
シャフト、ワン共に特に問題のある傷つきは見受けられなかったのですが、念の為にリテーナーのみ新品に交換して組付けしました。
乗車確認で驚くほどスムーズに回転するようになり、もちろん異音も解消しました♪

最近はシティサイクルもスポーツバイク同様の「カートリッジ式BB」が採用されてBB回転不良も起こりにくくはなっているのですが、廉価タイプの自転車はまだまだカップ&コーンタイプが主流です。
しっかりと組付け整備をしているお店であればこのような状態は組付けの時点で予見できたはずです。

初期整備もそうですが、有名ブランドの自転車がコレだとは・・・^^;
ちょっとがっかりな気分でした。

要は如何に初期整備でしっかりと組付け・点検を行っているかが自転車の寿命及びランニングコストに大きく関わってくるということです。

表向きの値段だけで判断していると痛い目にあいますよ。
自転車選びは慎重に・・・。


Scroll Up
Scroll Up