西宮市の自転車店 Rush Eyeです。各種自転車の販売・修理承っております。

RushEye BicycleShop facebookボタン Rush Eye instagram Rush Eye YouTubeチャンネル お問い合わせフォーム 0798-56-7619電話

Rush Eye BICYCLE SHOP

リアハブのフリー側は要注意です

2015年 5月 25日 月曜日 カテゴリー :

ある程度の乗車年数が経ったシングルギアの軽快車にありがちな症状です。

後車輪を回転させた時に「ガラガラ」「ギリギリ」「キコキコ」と言った金属がこすれるような音がしていたらそれは自転車の悲鳴です。
早急に対処してあげなければ車輪がお釈迦になってしまいますよ。

今回もそんな症状が出ている軽快車の後車輪の修理をさせていただきました。
attachment01
この症状が出るのは、ほぼ100%フリー側のベアリングです。
長年の走行により、雨や埃などの侵入でグリスがベアリングカップ内から流れだし枯渇状態になってしまうのです。
この錆び方はいかに枯渇状態で長期に渡り乗車していたかを物語っておりますね。
ちなみにブレーキ側はブレーキ本体でベアリング部が覆われているので、水の侵入やホコリの侵入がしにくくなっています。
そのためここまで酷い枯渇状態にはなりません。(とは言っても定期的に洗浄・グリスアップでメンテナンスをして上げる必要はあります。)

attachment02
全く色の違うボール。
赤茶けたほうがフリー側でサビに侵されたものです。
こうなってしまっては再利用は出来ませんので新しいボールに交換です。
玉押しもサビが酷かったので新しいものに交換しておきました。

attachment03
玉受け側はややヘタった感はあるものの酷い虫食いや引っ掻き痕などが見当たらなかったのでセーフです。
これがガタガタに傷ついていたらハブ交換しか方法がありません。
となるとホイール組み直しとなってしまうので修理費用も倍以上に・・・
不幸中の幸いでしたね。

その他スプロケットなどの汚れも綺麗に落としてベアリングの組み込みをしました。
attachment04
グリスは耐水性の高いテフロングリスを使用します。
やや溢れる程度に詰め込んで、水の侵入もしにくくしています。
アタリ調整をシッカリと決めて作業完了です。

非常にスムーズかつ静かに回るようになりました(^^)♪
これで気持よく走っていただけることと思います。

冒頭にも書きましたが、金属の擦れるような音がしだしたら要注意です。
発生箇所がどこであれ、症状の軽いうちに対処してあげれば出費も少なく済みます。
気になる事があればお店で診てもらうようにしましょう。


Scroll Up
Scroll Up