西宮市の自転車店 Rush Eyeです。各種自転車の販売・修理承っております。

RushEye BicycleShop facebookボタンRushEye BicycleShopツイッターボタン Rush Eye instagram Rush Eye YouTubeチャンネル お問い合わせフォーム 0798-56-7619電話

Rush Eye BICYCLE SHOP

リア変速不良はRDハンガー曲がり

2016年 11月 12日 土曜日 カテゴリー : ,

今回の患者様はPINARELLO PRINCE。

img_6559
サイクリング中に他車の落車に巻き込まれて転倒・・・(´;ω;`)
転倒後からリア変速がうまく出来なくなってしまったとのことでお預かりさせていただきました。

img_6560
画像ではわかりにくいですが、結構な角度で内側に曲がっていますね。
念のため曲がり具合の確認をしてみます。

img_6564
RD直付けゲージを使用して歪み具合を確認してみましょう。
使い方は至ってシンプル。リムの端面との距離を測ることでRDハンガーの曲がり具合をチェックします。

img_6566
先程チェックした上部とインジケーター(細い横棒)の出代が明らかに違いますね。

img_6565
上側をチェックしたときの出代。

img_6568
下側をチェックしたときの出代。

明らかに違いますね。これは相当曲がってます^^;
変速不良が出て当然ってレベルです。
上記の他に前後位置の確認もしましたら前方内側方向にも曲がりがありました。

極僅かな曲がりであれば、クイクイッと力をかけて修正する場合もあるのですが、ここまでひどい場合は無理に曲げ戻しをしてしまうとハンガーがボッキリ折れちゃう可能性が高いです。
なので、新品に交換するのが妥当な判断です。

ユルい曲がりでも物によっては「ペシッ・・・」といっちゃうことがありますので、できれば曲がったRDハンガーは新品に交換するのが懸命ですかね・・・。

ちなみに当店ではPINARELLOは取扱外のブランドとなりますが、各モデルの補修パーツは取り寄せ可能ですので、もし必要がある方がいらっしゃればお気軽にお声掛けくださいませ~(⌒▽⌒)


Scroll Up
Scroll Up