西宮市の自転車店 Rush Eyeです。各種自転車の販売・修理承っております。

RushEye BicycleShop facebookボタン Rush Eye instagram Rush Eye YouTubeチャンネル お問い合わせフォーム 0798-56-7619電話

Rush Eye BICYCLE SHOP

ちょっとしたお掃除のススメ

2015年 11月 02日 月曜日 カテゴリー :

attachment00 (2)
お掃除と言っても、込み入ったマニアックなメンテナンスではなくせめてフレームの汚れくらいは落として上げて欲しいというレベルなんです。
画像に映っている缶スプレーはいわゆるコーティング剤と呼ばれるもので、フレーム塗装の表面を保護してくれるという品物です。
あらかたの汚れをきちんと落とした上で、こういったケミカルを使ってフレーム磨いてあげていればかなり綺麗な状態を維持できます。
新車時にこの作業をしてあげていれば少々の埃や水垢などが付いても絞った雑巾などで拭き上げればピカピカな状態を維持できます。
砂埃程度であれば「毛バタキ」などでササッとはたいてあげればスッキリ綺麗になります。
当店では納車時にこの作業をしていますので、何もせずにお渡しするよりも綺麗な状態を保っていただけます。
とは言っても、効果の持続する期間がありますので「定期的に」お掃除とコーティングの必要は有るんですが・・・。

で、このお掃除という行為。自転車を綺麗にするだけでなく、作業過程で愛車の大まかな状態の確認なども出来るんです。
実はこの「状態確認ができる」という部分がとても重要なんです。

例えばフロントフォークをフキフキお掃除している時にはブレーキシューの残量確認ができたり、ブレーキ本体の取付に緩みがないか。フレームをフキフキしてる時は溶接部やパイプにヒビ割れなどがないか、回転部(ヘッド・BB)に妙なガタツキが出ていないかなど、普段意識しておかないと見ることが出来ない部分を見ることが出来ます。
ブレーキワイヤーやシフトワイヤーのサビつきやホツレなどもフレームを拭き拭きしていると必然的に見えてきます。
(インターナルルーティングだと見つけにくいかもしれませんが・・・^^;)
ここで異常が見つかればすぐさま対処してやればいいだけの話なのです。
この異常を見落として、気付かずにずっと乗り続けちゃう人はある程度まで「行き着いた状態」にならないと症状を感じ取ることが出来ないんですねぇ~。

こんなこと言わずもがなだとは思いますが「軽症のうちに対処する」のと、「重症になってから対処する」のとでは手間も出費も雲泥の差になっちゃうこと間違いありません。
仕事柄これまで何台もの重症患者を診てきました。だから、ちょっとした思いやりを自転車に対しても持ってもらいたいと思うわけです。

空気の補充と拭き掃除。
このふたつを定期的に行っていれば、いろんなことが見えてきます。
本当にオススメですよ(^^)一手間を惜しまずにかわいがってあげてください。

ちょっとしたお掃除のススメでした。

11/22(日)
【サイクルイベント開催のお知らせ】→こちら


Scroll Up
Scroll Up