西宮市の自転車店 Rush Eyeです。各種自転車の販売・修理承っております。

RushEye BicycleShop facebookボタンRushEye BicycleShopツイッターボタン Rush Eye instagram Rush Eye YouTubeチャンネル お問い合わせフォーム 0798-56-7619電話

Rush Eye BICYCLE SHOP

X-RIDE サイカムB-1 レビュー(⌒▽⌒)

2017年 11月 03日 金曜日 カテゴリー : ,,,,

先日のTOJ京都ステージ~奈良ポタに行ったときに「X-RIDE サイカムB-1」を使いながら走っていましたので、その使用感や利便性などをお伝えしたいと思います。


もともとオートバイツーリングなどでは既にこの手のBTインカムは使ったことがありその利便性は重々理解していましたが、やはり自転車においても便利この上ない存在であると再認識しました(⌒▽⌒)

久々のライドで終始ペースが遅れ気味であった私とU-16さんとの距離が結構離れる事が多かったのですがこのインカムのお陰でペースを合わせてもらいやすくなりましたね。途中変速機の調子を見るために停車した時も100mほど先にいるU-16さんに「ちょっと止まりまーす」と伝えて待ってもらったこともありました。
普通だと何かトラブルや伝えたいことがあっても伝達は出来ませんが、このインカムのお陰で意思の疎通がいとも容易に行う事ができて終始快適なライドが出来ました♫


音質はかなりクリアでそれなりに速度が出ていて風切り音が入りそうな状況下でもノイズは皆無でしっかり、はっきりと聞き取れるレベルです。
全く問題なしですね~(⌒▽⌒)自分の耳にかかってる風切り音のほうが気になるかも。


通信距離に関しては走行環境(街中の遮蔽物、山道のブラインド続きなど)により電波状況は変わってきますね。
比較的開けた川沿いのサイクリングロードや幹線道路だと数百メートルの距離を離れても全く問題なく通話可能でした(⌒▽⌒)
ただ、高低差のある状態だと電波状態が悪くなるような気がします。
実際、ならやま通りを走行している時はアップダウンにより姿は見えても電波状態がやや乱れることがありました。

とは言え極端に離れなければ若干のノイズが入る程度で通話自体は問題なく行えます。
河川敷ルートでもルートを上下に別れて走行してみましたが、やはり電波の状態はやや乱れる事がありました。
と、言いましても「数百メートルの距離を離れて」の話ですが・・・

こんな感じで↓(赤丸の中の黒い点がU-16さん)

ちなみに離れすぎて電波が途切れてしまっても、受信範囲内に復帰すれば自動的に繋がりますので心配なし。


あ・・・それと、インカムの装着感(見た目)はそんなに目立つって感じでもなさそう?感じ方は人それぞれですが・・・。


この日の2/3くらいはU-16さんが喋っていました。
楽しいから仕方ないか~(笑)

この日は昼食時以外はほぼ完全に繋ぎっぱなしで走っていたのですが、バッテリーの持ちが驚異的でしたΣ(゚Д゚)
製品の諸元では連続通話約10時間との記載がされていますが、多分一日中持ちそうです。
ビワイチとかアワイチでも充分保つのではないでしょうか?
常に喋っていたわけではないですが、会話時間は多めだったと記憶しています。


・・・にもかかわらず、木津川の流れ橋の休憩所で残量確認をしたところ「電池残量は90%以上です♫」とのアナウンスがΣ(゚Д゚)
※電源のON-OFF、残量チェックはおねーちゃんの声で教えてくれる優れもの♪

朝からの時間を計算すると5時間前後は使っていたはずなのにすごい・・・。

最後に一つだけ注意して貰いたいことがあります。
登り区間では、「はしゃいで喋りすぎないこと!!」です。
呼吸が乱れてめっちゃしんどくなります。通話は任意でON-OFF出来ますので、思い切って終話ボタンを押しましょう(笑)
通話を切ってしまうと何かあったときに不味そうですが、スマホとペアリングしていればそのまま電話も受けられますので問題なしです。

兎にも角にもこの手のガジェットはサイクリングに確実に役立つと思います。
とくに複数人でのサイクリングだと先頭と最後尾で意思疎通していればミスコースや不意のトラブル時の「はぐれ」などもなくなると思います。
このインカムは最大4機まで繋ぐことができるので台数が増えれば更に楽しいサイクリングになると思いますよ♪

カップルで使うもよし、チームで使うもよし。使い方次第で楽しみ方が広がりそうな商品です。
気になる方はお試しレンタルもしていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ~(⌒▽⌒)


Scroll Up
Scroll Up